みなさま、私のホームページをご覧いただきありがとうございます。
日頃から暖かいご支援を賜り、有難く厚く御礼申し上げます。

【経歴】
● 昭和31年9月鹿児島生まれ(59歳)
● 創価大学法学部法律学科卒業
● 積水ハウス、積和不動産中部を経て平成15年愛知県議会議員に当選
● 愛知県議会産業労働委員会委員長
● 公明党愛知県本部幹事長

【家族】
 妻、長男、次男、長女
【座右の銘】
 我以外、皆、我が師
【好物】
 ざるそば
【趣味】
 音楽鑑賞、読書


◆最新ニュース

  • 読み込み中

2016年07月20日
重度心身障害児者施設の整備が推進

重度心身障害児者施設の整備が推進

7月20日、本年4月に開所した「三河青い鳥医療療育センター」(岡崎市)を公明党愛知県議団で視察しました。老朽化した心身障害児療育センター「第二青い鳥学園」を新築移転し、県内で不足している重度の身体不自由と知的障害がある「重症心身障害」向けの入所病棟を新設しました。また診療科目も増やし、リハビリ科には3次元動作解析装置を導入するなど、利用者のニーズに的確に対応する機能を拡充しています。病棟には、子どもがリラックスできるイラストや愛知県産の木材を活用し、温もりのある施設となっています。今後、医師や看護師の確保を計画的に進めていくことが課題です。公明党愛知県議員団では、現場の意見を捉え、改善を図っていきたいと思います。




2016年01月08日
平和の大切さを語り継ぐために

平和の大切さを語り継ぐために

公明党愛知県議員団では、1月8日、愛知・名古屋戦争に関する資料館を視察いたしました。愛知県本部副幹事長の里見りゅうじさんも同席しました。
この資料館は平成27年7月11日に、名古屋市中区の愛知県庁大津橋分庁舎1階にオープンしました。県民の皆様から寄せられた戦争に関する実物資料を展示し、戦争体験を次の世代に引き継ぎ、戦争の残した教訓や平和の大切さを希求する豊かな心を育み、平和な社会の発展に寄与することを目的として開館されました。

愛知・名古屋戦争に関する資料館HP




2015年11月04日
北関東・東北豪雨被災者を支援する愛知県民の会

北関東・東北豪雨被災者を支援する愛知県民の会

本年9月、台風18号に伴う北関東・東北で起きた豪雨災害の被災者の皆様の復興に役立てていただきたいとして、「北関東・東北豪雨被災者を支援する愛知県民の会」の皆様【写真】は、10月愛知県内各地で募金活動をされました。
私も、一宮の会場でお手伝いさせていただきました。近年ゲリラ豪雨災害が起こりますが、それに備える行政の対策と、起こった時に復興を支える民間の力も大切だと思います。募金に立ち会った感想として、幅広い年齢の方のご協力をいただいたのですが、印象に残ったのは、少年少女の皆様が、自発的に自分の財布から進んで募金をする姿でした。
困っている人を助けるという、人として尊い行為を幼い子供たちが進んで行う姿に、感動しました。




 
ページの先頭へ