みなさま、私のホームページをご覧いただきありがとうございます。
日頃から暖かいご支援を賜り、有難く厚く御礼申し上げます。

【経歴】
● 昭和31年9月鹿児島生まれ(62歳)
● 創価大学法学部法律学科卒業
● 積水ハウス、積和不動産中部を経て平成15年愛知県議会議員に当選
● 愛知県議会警察委員会 副委員長
● 公明党愛知県本部幹事長

【家族】
 妻、長男、次男、長女
【座右の銘】
 我以外、皆、我が師
【好物】
 ざるそば、コーヒー
【趣味】
 音楽鑑賞、美術鑑賞


きとう俊郎 メールマガジン

きとう俊郎が、皆様の携帯電話・スマートフォンにメールマガジンをお送りします。
メルマがの内容は、活動報告、政策・実績・ブログなどです!ご期待下さい!

QRコードを読み取って、空メールを送信ください。本登録の案内に従って登録をお願いします。

メールマガジン登録URL
https://emd.komei.or.jp/69159ef6-e15b-4138-be85-4e816ece2998/regist

◆最新ニュース

虐待から子ども守る公明が緊急提言 体罰一掃へ法整備を
統計、抜本的に改革せよ政府に山口代表訴え 専門人材など方針確立も
統計の信頼回復へ不正解明 改革今こそ  精度向上と効率化めざし 手法、体制を見直せ  衆院予算委で岡本氏
合同PTの初会合であいさつする大口厚労副大臣と、浮島文科副大臣=15日 厚労省
児童の虐待死 再発防止へ大口、浮島副大臣を中心に5月末めどに具体案 公明提案で厚労・文科両省合同チーム
統一選重点政策を発表 人と地域を生かす社会へ 学校の空調設置を推進  政活費の公開 子育て、教育支援の拡充も  山口代表ら記者会見
統一選 全員当選断じて連続勝利へ大波を  全国県代表協で総決起

2019年01月01日
多くの皆様のご支援に感謝

多くの皆様のご支援に感謝

2019年 新年あけましておめでとうございます。
日頃より多くの皆様にご支援を頂いておりますことに、心より感謝申し上げます。本年は多くの「変化の年」となります。元号の変更、消費税の変更。そして亥年は統一地方選と参議院選が12年に一度重なる年です。政治決戦の年といえます。変化の年に大切なのは安定と希望です。公明党は国民の皆様に生きる希望をもって頂ける政治を目指します。

さて、我が一宮市にとりましては、年頭より市長選があり、2月には県知事選挙、さらに4月には県議選市議選と市議会議員選挙と、今後の地方自治の行方を左右する重要な選挙が相次いで行われます。私も愛知県議会議員選挙に公明党公認を得て5期目の挑戦をいたします。さらに7月には参議院選挙が行われるという、まさしく選挙イヤーです。

公明党は昭和39年結党以来、地方議員と国会議員がしっかりネットワークを組んで、国民の皆様の現場のご意見やご要望を政治に反映してきた歴史があります。その意味から、地方議員の存在の重要性と地方議員が真価を発揮すべき重要な選挙の年といえます。

本年も多くの皆様のご指導ご鞭撻を頂き、引き続き県議会議員としての使命を果たして参る決意です。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




2018年12月10日
ヘルプマークの配布に感謝の言葉を頂きました

ヘルプマークの配布に感謝の言葉を頂きました

12月10日、愛知県腎臓病協議会の事務所に、奥村会長、高橋事務局長を訪ねて懇談の時間を持ちました。

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用していたり、内部障害や難病があったり、妊娠初期であったりするなど、外見ではわかりにくいですが、日常生活や災害時の援助・配慮を必要としていることを示すマークです。
東京都が考案し、平成24年(2012年)から配布を開始しました。

私は、平成29年11月に愛知県腎臓病協議会様より愛知県でもヘルプマークの配布を実現してほしいとのご要望を頂き、12月議会健康福祉委員会にて質問し、平成30年に配布をするとの答弁が引き出されました。
そして、本年7月20日より愛知県内の全市町村や県の保健所にて配布が始まりました。
この日も、感謝のお言葉とともに、さらに配布箇所をもっと身近な病院や駅などに拡大してほしいとのご要望を頂きました。
今後も、「小さな声を大切に」との姿勢で頑張ってまいります。

愛知県のヘルプマークはココをクリック




2018年06月20日
ブロック塀の緊急点検などをを要請

ブロック塀の緊急点検などをを要請

公明党愛知県議員団では、大阪北部地震を受けた緊急要望を行いました。
 南海トラフ地震など今後起きる可能性が高い災害に備え、同じことを繰り返さないための対策が必要です。学校施設のブロック塀と通学路の早期点検、家具などの転倒・落下防止のさらなる推進が必要です。
 大村知事からは、要望内容をしっかり検討し、通学路の点検、家具の転倒防止などの対策に素早く取り組みたいとの話がありました。




2018年05月27日
バリアフリー社会の実現を目指してまいります

バリアフリー社会の実現を目指してまいります

5月27日、一宮市身体障害者福祉大会が一宮市民会館で行われ、参加しました。長年にわたり会に貢献された3名の方への感謝状贈呈がありました。私からは、身近に取組んでいる実例を通し、バリアフリー社会の実現に向けての話をさせていただきました。
一つは、県営住宅の建て替えやリフォームには、必ずバリアフリーの施行をすること、また、最近の実例で、視覚障がい者向けの音の出る信号機の設置の実例を紹介し、今後とも頑張っていく事をお約束しました。




2018年05月10日
産業廃棄物処理に画期的な手法を開発

産業廃棄物処理に画期的な手法を開発

平成30年5月13日、公明党愛知県議員団では、愛知環境賞を受賞した「毎日商会」を視察しました。愛知県は、名古屋市を中心とする大都市圏を擁するとともに、西三河はじめ県内各地に自動車産業を中心としたモノづくりの産業集積があり、さらに、東三河は全国有数の農業基盤を持ち、奥三河は豊かな森林資源を有するなど、多様な地域がバランス良く調和し、全国的に見ても非常にポテンシャルの高い地域であります。
 
こうした本県のポテンシャルを最大限に生かしていくためには、本県最大の強みであるモノづくり産業を中心に、工場や住宅、農地など各地域の状況に応じた資源循環モデル「循環の環(わ)」を構築・展開し、「産業首都あいち」であると同時に、「環境首都あいち」の役割を発揮していくことが求められています。
 
こうした中、毎日商会さんは、多種多様な廃棄物が混在した廃棄物を、種類ごとに効率的かつ精度よく分別できる独自のラインを開発され、これにより、管理型処分場への搬入量を大幅に削減し、再資源化率も向上させる業界初のシステムを構築されました。
 
こうした取組は、環境負荷の低減と資源循環型社会の形成に大きく貢献するものと高く評価され、昨年、「愛知環境賞」を受賞されました。なお、私ども公明党としても、優れた省エネ製品の導入の促進による、環境負荷の低減など、地球温暖化の防止を掲げております。
 
この度、その概要などについてご説明を受け、現場のラインも見学させていただきました。こういう施設が県内に増えることを期待したいと思います。

毎日商会さんのホームページはここから


 
ページの先頭へ